この度、RiCherieでウェディングドレスの委託販売を開始しました。
委託販売ってなに?という方に簡単に説明します。

委託販売とは

商品や製品の販売を、第三者に委託・代行して販売してもらう販売形態のことです。
第三者(委託者)は販売手数料として売上から一定金額を利益として受け取り、残りの売上を受託者に納めます。

なぜウェディングドレスの委託販売を始めるに至ったのか

ウェディングドレスの委託を始めるに至った経緯は、妹のMIOが結婚する際にウェディングドレスを買ったことがとても影響しています。
MIOはハワイ挙式を希望していて、砂浜でのビーチ撮影も予定していました。

そうなったときに着たいウェディングドレスのレンタルができませんでした↓↓↓

海外持ち出し禁止・ビーチ撮影禁止等、ブランドやドレスショップによって様々なレンタル条件が絡んできます。
そうなったらドレスを買うしかなくて。。
相当悩んでいました。

結局買ってましたけどね。(笑)

今回の経験で学んだことは
『様々な条件が重なったり予算の関係で希望のウェディングドレスがあっても着れない人が本当にたくさんいる』
ということです。

そのような方のためにウェディングドレスを安価でお譲りできれば…
と考えたことが委託販売を始めるに至った経緯です。

『買って、挙式が終わったら委託で売る。』

一時的にお金はなくなりますが、憧れのウェディングドレスの写真も残せる。
そして最終的には現金が戻ってくる。
場合によってはレンタルよりも安くあがることもあります!

ウェディングドレス

ヤフオク等の個人間取引との違いについて

現在はフリマ感覚で行える個人間の取引がとても盛んです。
ここ数年でスマホアプリも驚くほど増えました。
それと比例して個人間のトラブルが増えていることは紛れもない事実で、個人間で取引を行うことはとても色々なリスクが付きまといます。
詐欺に合うということも遠い存在ではありません。
もちろん商品の値段が高ければ高いほどそのリスクは高まります。
そのような部分を取り除いて花嫁さまと花嫁さまを結び付けれるような存在になれたらと思っています☆

また、商品の撮影やページの作りこみ等の出品作業もこちらで全て行いますので、お時間が作れない方やパソコンの操作が苦手な方、オークションサイトへの登録や審査等が面倒な方にもオススメです。

当店のサービスについて

  • 当店はプレスルームにてドレスの試着ができるようになっております。
    実際に身に着けていただくことで安心してお客様にドレスをご購入していただけます。
  • 当サイトのアクセス数は月間数十万になります。
    オークションや個人売買の場合は見られる人は限られますが、当店の場合はブライダルを中心とした幅広い方にご覧いただけます。
  • 当店はドレスページへのアクセス数や試着回数、ページ滞在時間、カゴへ入れた回数等の情報を開示しております。
    細かい情報を解析することで適切なアドバイスを行っております。
プレスルーム

委託販売するブランドについて

RiCherieでは主に海外のデザイナーズブランドに絞って委託販売をしていきたいと考えています。

以下、参考ブランドです。

  • Vera Wang / ヴェラ・ウォン
  • Jenny Packham / ジェニー・パッカム
  • Antonio Riva / アントニオ・リーバ
  • Monique Lhuillier / モニーク・ルイリエ
  • Reem Acra / リーム・アクラ
  • RS Couture / アールエス・クチュール
  • Marchesa / マルケーザ
  • Alfred Angelo / アルフレッド・アンジェロ
  • Romona Keveza / ロマナ・ケベッザ
  • Christos / クリストス
  • St.Pucchi / セント・プッチ
  • Victorio & Lucchino / ヴィクトリオ & ルッキーノ
  • Paloma Blanca / パロマ・ブランカ
  • Rena Koh couture / リナ・コー・クチュール

上記ブランド以外も承っておりますので、お持ちのオーナー様はお気軽にお問い合わせください。

このブログを見て、RiCherieに委託をする前提でウェディングドレスを買ってくださる方がいればとてもうれしいです♪

委託販売の詳細について

以下のページをご覧くださいませ。

この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。