second-owner

前回、ブログでウェディングドレスは着た後に委託やお譲りに出すとレンタルよりも安くあがる可能性がある!ということを書きました。

その中でも、どのタイミングで買う、もしくは売ることが賢いのかということを考えたいと思います。

今回は少し趣向を変えてあるテレビ番組風に書いてみます☆

このブログは
世間で
話題となっている
様々な件に対して

ちょっとだけ
首を突っ込んだり
突っ込まなかったり
するブログです。

リシェリーでも夜更かし

皆さんはご存じだろうか?
ウェディングドレスはセカンドオーナーが一番狙い目だということを。

ある人はこう言った。

良いウェディングドレス着ようとするなら絶対中古で買ったほうが得でしょ!そんな言葉に共感する人が増えている。

それでは検証していこう。

ウェディングドレスのレンタルが高すぎる問題

ウェディングドレスはレンタルでも20~40万が相場と言われている。
お色直しをする人が大部分を占めるため2着で40~80万
ここまでくると中古車が買えてしまう。
家の中の家具も一新できてしまう大金だろう。

ではなぜ皆さんはウェディングドレスをレンタルするのか?

買っても着た後の使い道がないし。保管する場所がない。邪魔。

ごもっともである。
だが、結果的には40~80万をドブに捨ててしまっていることになるのだ。

ではウェディングドレスを買った場合はどう違うのか。

ウェディングドレスは買ってもあまり値段が変わらない問題

先ほどのようにウェディングドレスのレンタルの相場は20~40万
それに対して買った場合はレンタルの1.5倍程度
30~60万が相場になるだろうか。
もちろんピンキリで、上も下も糸目をつけないなら底知らずの天井知らずである。

それではウェディングドレスを購入する人はどのような考えがあるのであろうか?

レンタルとそこまで変わらないなら買って記念に残してもいいかなって。娘や姪っ子のために置いておきます♪生まれてくるかわからない娘のために…気が早すぎる。
姪っ子に至っては完全に有難迷惑だろう。

着終わったら売ります。リサイクルに出して現金化するということか。
古着のように安く買いたたかれてしまうのでは?と思うところだが…

ブランドのウェディングドレスは需要がある問題

ノーブランドのウェディングドレスでは安く買いたたかれてしまうが、
ブランドもののウェディングドレスは需要があるため高値で売ることができるというのだ。

では、実際の相場を探っていこう。

ウェディングドレスの最高峰と言われるニューヨークのブランド『Vera Wang(ヴェラ・ウォン)』。
その中でも人気モデルである【バレリーナ】の場合

ファーストオーナーの場合

もちろんファーストオーナーは新品で買うので正規価格で購入する。
バレリーナの購入価格は54,0000円+税
1度着終わった後の相場はだいたい200,000~250,000円
つまり実質的な費用としてだいたい290,000~340,000円がかかるというわけだ。

(例)

購入価格 売却価格 実質料金
¥ 540,000 ¥ 250,000 ¥ 290,000

セカンドオーナーの場合

200,000~250,000円で譲り受けたと仮定して、
着用後、また売りに出した場合の相場は150,000~200,000円
実質的な費用としてだいたい100,000~200,000円
うまくいけば10万円程度で人気ドレスが着ることができてしまうということだ。

(例)

購入価格 売却価格 実質料金
¥ 250,000 ¥ 200,000 ¥ 50,000

サードオーナーの場合

150,000~200,000円で譲り受けたと仮定して、
着用後、また売りに出した場合の相場は100,000~150,000円というところだろうか。
実質的な費用としてだいたい50,000~100,000円
一見一番安くあがりそうな気はするが懸念点がある。
サードオーナーともなるとドレスに痛み等がでてくるので着終わった後が問題になる。
次の買取手が見つかりにくくなるのだ。
ウェディングドレスの状態に左右されるだろうが、相場より下げる必要が大いにでてくるだろう。

(例)

購入価格 売却価格 実質料金
¥ 150,000 ¥ 100,000 ¥ 50,000

まとめ

ウェディングドレスは着用回数・着る人が多くなればなるほど値段は安くなるが、3人目,4人目ともなると着た後のことを考えると売れづらくなる。
つまり、セカンドオーナーが一番狙い目で、実質的な費用が少なくて済み、なおかつ確実にはけさせることができるのだ。
そして、ウェディングドレスを手元に残したいという方にはサードオーナーがおすすめだ。
皆様も参考にされてはいかがだろうか。

以上、ウェディングドレスはセカンドオーナーが一番狙い目な件でした。

RiCherieで中古のウェディングドレスを探す

この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。